〒939-1302 富山県砺波市東石丸1-3
城端線「油田駅」出口より徒歩15分/高岡砺波スマートICより車で3分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~17:30 × × ×

△:9:00~14:00 ☆:オペ
休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0763-34-5313

当院のインプラント治療

※自費診療です

噛み合わせを回復するインプラント治療

身体の負担が少ないインプラント治療

CT検査と光学スキャナーを連携させることで、歯ぐきを切らないフラップレス治療を積極的に行っております。

通常、インプラント治療は数回に分けて手術しますが、当院では状況が整えば、無切開で、手術が一度ですむ術式を積極的に採用しています。

最新の医療機器や技術を駆使し、侵襲を可能な限り少なく、腫れや痛みの少ないインプラント治療をご提供いたします。

このような患者さまのご負担の少ない治療を行えるのは、幅広いインプラント治療の経験があるからこそ。私たちは、一人ひとりの患者さまにとってより良い治療法をご提案できるように努めています。

より精密な骨密度の検査を実施

藤の丘歯科医院では、歯科用の低被ばく型のコーンビームCTを導入しております。

また必要に応じて医科用のヘリカルCTでの撮影をお願いすることもあります。

CTで3次元的に顎骨の診査を行い、インプラントの埋め込み位置を適切に判断いたします。

また、インプラントを埋め込む際には、目標の位置にインプラントを保持するための医療器具「サージカルガイド」を作成します。これによって、ヴァーチャルの3Dシミュレーションを、実際の手術に正確に反映させることができます。

さまざまな医療機器をご用意し、より安全な治療を心がけております。

デジタルとアナログの融合

ここ数年、歯科の世界に急激にデジタル化の波が押し寄せてきています。 

デジタル化によって、特にインプラント治療は多くの恩恵を受けている分野の一つです。

当院では従来の印象材による型取りから、光学スキャナーによる型取りに完全に移行しました。

CTデータと、光学スキャンデータをマッチングさせることにより、PC上での術前診査と計画が可能になりました。

デジタルデータを駆使することにより、術前の計画を綿密に練ることができ、そのデータをインターネット回線を通じて遠隔地のラボと時間差なく共有し、さまざまな補綴物に反映させることが可能です。

またインプラントの埋入計画を口腔内へ反映させるため、設計データをもとにサージガルガイドを3Dプリンターで製作します。また、カスタムアバットメントやプロビジョナルクラウンといった、個人に合わせてオーダーメイドされた補綴物を、ワンストップ・模型レスで事前に用意が可能です。 

その結果、インプラント治療は、アナログ時代より圧倒的に安全に、効率的になりました。患者様にとっては、より痛くなく、早く、安全な施術を受けることが出来る様になりつつあります。

衛生管理を徹底した感染予防対策

インプラント治療は、外科的な処置が必要になります。そのため当院では、治療中に他の病気に感染する「院内感染」を防止するための感染予防対策を徹底しています。

例えば、グローブやトレー、コップなど使い捨てにできる治療器具はすべて使い捨てのものを使用。使い捨てにできない器具は、各種滅菌器でしっかり滅菌処理を行います。ハンドピース(歯を削る機械)も患者さまごとに専用機器で1本ずつ滅菌するなど、治療器具はすべて清潔な状態であるように細心の注意を払っています。

 

 

骨密度に合わせて使用する器具の選択を行っています

治療前の検査と診断をしっかり行っています

術前の状態です。

欠損部に対してインプラント埋入を行います。

3Dプリントされたサージカルガイドを使用します。角化歯肉、いわゆる硬い歯茎の幅があれば、基本的に無切開での埋入が可能です。

使用するインプラントは、埋入直前にUV アクチベーターによる光機能化処理を行い、表面性状をリフレッシュさせます。その際はガラスアンプルに封入されたUV Activ 専用のインプラント体を使用します。

共振波数解析装置を用いて、非接触でISQ値(インプラント安定指数:Implant Stability Quotient Value)を測定します。おおむね70以上の値が出ていれば、埋入したインプラントに即時にかぶせものまでセット可能です。

レントゲンを撮影し、カスタムアバットメントとインプラント本体が、規定位置で確実に接続されているか確認をします。

初期固定が十分に取れていれば、即日で仮歯までセットします。ただし、インプラントと骨の結合が安定するまでは、2~3か月間、硬いものを噛んではいけないなどの食事制限があります。

料金表

診断・準備費 20,000円(税別)
手術基本料 50,000円(税別)
インプラント植立 250,000円(税別)
アバットメント費用 50,000円(税別)
上部構造 100,000円(税別)
サージカルガイド(フルコントロールタイプ) 70,000円(税別)
静脈内鎮静法 50,000円(税別)

治療名:インプラント治療
治療の説明:失われた歯のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯(かぶせもの)をつける治療法です。
治療のリスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。噛む感覚がご自身の歯と異なる場合があります。見た目がご自身の歯と異なる場合があります。手術後にメインテナンスを継続しないと、インプラントが抜け落ちる可能性があります

治療名:GBR(骨誘導再生)
治療の説明:骨に厚みや高さが足りない場合に行う。歯ぐきを切開し、骨が足りない部分に自分の骨、または人工の骨を注入し、メンブレンという専用の人工膜で覆って骨の再生を促す治療法です。

治療のリスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。個人差により、予定量の再生ができない場合は再手術が必要になる場合があります。組織が再生するまで数か月の期間がかかります。

治療名:ソケットリフト
治療の説明:あごの骨が足りない場合に行う。インプラントを埋め入れる部分の歯ぐきを切り開き、中に人工骨(骨補填材)や移植骨を入れて、骨の量を増やす治療法です。
治療のリスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。個人差により、予定量の再生ができない場合は再手術が必要になる場合があります。組織が再生するまで数か月の期間がかかります。

治療名:サイナスリフト
治療の説明:上の歯のインプラントを希望しているが、あごの骨の厚みが足りない場合に行う。上顎洞の位置(小鼻の横)の歯ぐきを横から切り開き、中に人工骨(骨補填材)や移植骨を入れて骨を増やす治療法です。
治療のリスクや副作用:手術後に、痛みや腫れ、出血、合併症などを引き起こす可能性があります。個人差により、予定量の再生ができない場合は再手術が必要になる場合があります。組織が再生するまで数か月の期間がかかります。

インプラント治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CTで、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

手術

インプラント本体をあごの骨に埋め込みます。

人工の歯を装着

インプラント本体の上に人工の歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0763-34-5313

診療時間

 
午前 ×
午後 × × ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~17:30
△:9:00~14:00 ☆:オペ

休診日:木曜・日曜・祝日

0763-34-5313

〒939-1302
富山県砺波市東石丸1-3
城端線「油田駅」出口より徒歩15分

高岡砺波スマートICより車で3分